マミーハートケアとは、『マミー』=『お母さん』をはじめとした、女性のケアや女性の笑顔創り、女性の活躍支援を行うことを目的として活動をしている団体です。

その1つとして、「産前産後ケアハウス」の運営を行っています。

「産前産後ケアハウス」とは、産前(妊娠中)や産後に、周囲に頼れる人がいない女性のための、心と体を休める場のことで、ケアハウスとしてご協力いただける方からご自宅や助産院などの場所をお借りし、そこに、お母さんと赤ちゃん・お子さん(3歳くらいまで)で一緒に来てもらい、赤ちゃん・お子さんをスタッフが見ている間、お母さんにはゆっくり寝てもらったり、本を読んだり、おしゃべりしたり、お母さん自身が自分の好きなことをする時間を創る場所です。

育児はできて当たり前、みんな普通に育児している、

そんな風に見えるかもしれませんが、育児というのは本当に大変な仕事です。

特に、生まれてから数ヶ月間の授乳期は、お母さんは常に寝不足と闘っています。

昼でも夜でも、赤ちゃんが泣けばお世話をしなければいけないのが育児です。

産後は、お母さん自身の体も傷ついていて、交通事故に例えるならば、「全治1ヶ月、絶対安静」という状態なんだそうです。

そんな中、睡眠も十分に取れず、ごはんを作る時間もなかなか取れず、当然、ごはんを食べるにもかき込むように急いで食べ…

そういった日々の積み重ねがあってはじめて、赤ちゃんは子どもへと成長していくんです。

また、産後はホルモンバランスが崩れやすく、産後鬱や産後クライシスになりやすい状態です。

マミーハートケアスタッフには、産後鬱も産後クライシスも経験したスタッフがいます。

経験者の話を聞くと、とても胸が痛くなりますが、逆に、そういった話を直接聞けることで、気持ちが楽になるお母さんもいるのではないかと思います。

育児は、ひとりで行うものではありません!!

昔は、親と同居だったり、近所の方が助けてくれたり、という環境がありましたが、近年は、核家族化や女性の社会進出もあり、身内もご近所さんも忙しい時代になりました。

みんながみんな、自分のことで精一杯。

だから、つらくて困っているお母さんがいても、誰も助けられない。

結果、産後鬱や産後クライシスの影響も重なったりして、自身を傷つけてしまったり、不本意な離婚をしてしまったり、乳幼児の虐待に繋がってしまうのだと思います。

その証拠に、産後2年以内の離婚率は、それ以外の時期に比べて、突出して高いんです!

こうした状況が少しでも緩和できるようにとはじめたのが、『産前産後ケアハウス』なのです。

こういった場所が、全国どこにでもある、地域で支える産前産後ケアの場が広がっていくことを心から願っています。

また、女性の笑顔を創る、女性の活躍支援については、

「何かをはじめたい」女性の背中を押すお手伝いができれば、と考えています。

なかなか自分ひとりでは始められないことも、誰かが寄り添ってくれるだけで、案外かんたんにできちゃうものです^^

女性の笑顔は、世界平和につながるんですよ!

お母さんがいつも笑顔だったら、その家庭はみんな笑顔で、平和です。

家庭が平和なら、お父さんの職場や、子どもたちの学校、地域も平和になります。

地域が平和になれば、日本中が平和になります。

日本が平和になれば、近隣の国々にも伝染し、世界中が平和になります。

だから、女性の笑顔を創ることは非常に大事なことなのです。

もう1つ、女性の笑顔を創る取り組みとして、

女性のための講座やワークショップなどを開催します。

「わくわくする気持ち」があると、自然に笑顔になれるものです。

そういう、「わくわくする気持ち」をたくさん生み出せるような講座やワークショップ、イベントを創っていきます。

もちろん、そういう講座などをやってみたい!という女性の支援も行うので、お互いが笑顔になれる場にしたいと思います。

以上が、マミーハートケアの活動内容です。